« 2004年8月 | トップページ | 2009年6月 »

アップデートいろいろ

 今週は、休みの日が多かったので、少し気合いを入れて、ソフトウェアのアップデート
を片付けてみました。


Windows XP Service Pack 2(略して SP2

 今、話題の、Windows XP のセキュリティ・アップデート。

 両親のパソコンをアップデートすることも考えて、近くの電気屋さんに CD-ROM を
もらいに行く予定でしたが、本屋さんで買ったパソコン雑誌の付録に、SP2 の CD-ROM
付いてきたので、これを使って、うちのパソコンをアップデートしてみました。


 SP2 をインストールした後の感想は・・・

 ・「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」の表示がしつこい
  (^^;;
   私の好みで、自動更新を OFF に設定しているので、パソコンを起動してログイン
  するたびに、しつこく表示されます(^^;;

 ・Microsoft のホームページを見ていると、「セキュリティの警告」のウインドウ
  が
たくさん開く(^^;;
   「現在の Web ページは、信頼済みサイトの一覧にあるサイトを開こうとしていま
  す。許可しますか?」って、これを読んで、何が問題なのか分かる人は、どのくらい
  いるんでしょ?

 Windows Media Player 9 が有無を言わさずインストールされる
   やられました(x_x)。まぁ、デスクトップ上のアイコンをダブルクリックして、
  インストールしてしまったのは、私ですが(T-T)
   ・・・これって、抱き合わせ販売では(^^;;

 ・(SP2 とは直接関係ないですが)Windows Update が バージョン 5 になっ
  たら、ファイアウォールソフトとの相性で、Windows Update が「0x80072EFD
  エラー」で失敗する

   とりあえず、Windows Update するときは、ファイアウォールソフトを無効に
  してから、Windows Update を実行するようにしてます。
   そのうち、ファイアウォールソフトの製作会社の方で、なんとかしてくれるで
  しょ(^^;


Firefox 1.0 Preview Release

 愛用している Mozilla に、セキュリティ上の弱点が見つかり、新しいバージョン
(1.7.3)が出た、という情報を聞いて、早速ダウンロードページを見に行ったら、
まだ英語版しかない・・・
 と、そこで、Firefox(Mozilla の後継ソフト)のプレビュー・リリースが出ている
のを発見(^^)。


 インターネット上の評判も悪くはなさそうだし、Firefox は、Mozilla をアンイン
ストールしなくても使えるみたいだし・・・、
 ・・・ということで、Firefox(実はこれも英語版)をインストールしてみました。

追加情報:9/22 に、Firefox 1.0 PR の日本語版が出てます(^-^)v

 ◆ Mozilla Japan - Firefox Preview Release:
  http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/

 ちなみに、Flash は、Mozilla 用のものが使えます。


 感想は・・・

 ・Mozilla に比べて、コンパクトになった
  Moziila は(メールソフトや、ホームページ作成ソフトも含んだ、オールインワン
 パッケージだったせいもありますが)、サイズが 10MB 以上もありましたが、Firefox
  は純粋なブラウザなので、サイズは Mozilla の半分以下、5MB もありません。
  ただ、動作が速いかどうかは・・・微妙かも(^^;;

 ・メッセージが英語・・・(^^;;
  分かっていて、インストールしたので、文句は言えませんが・・・
 ・・・と思ったら、9/22 に、日本語版が出てますね。ダウンロードして、インス
 トールし直さなくちゃ(^^;

 ・まだ、Preview Release(先行評価版)(^^;;;
  つまり、まだ正式版ではありません。心配性の方は、正式版が出てから、インス
 トールしましょう(^^)


● +Lhaca 1.19

  圧縮ファイルを解凍する際、ユーザが指定した以外の場所に、ファイルが
 解凍されてしまう
、というセキュリティ上の弱点が、たくさんの圧縮・解凍関連の
 ソフトで見つかっています。

 (これを悪用されると、ウイルスとか、トロイの木馬とかを、簡単にパソコンに忍び
  込ませることができてしまいます。)

 参考 ◆ 窓の杜 NEWS (04/07/30):
  http://www.forest.impress.co.jp/article/2004/07/30/arcsecurity.html

  ・・・ということで、今、解凍ソフトを使っている人は、もう一度最新版をチェック
 して、対策版をインストールし直しておきましょう。


 その他

 Windows と Unix系 OS 間で、データのやり取りを行うソフトについても、バージョン
アップがあったので、こちらは箇条書きで・・・


● WinSCP 3.6.8

   WinSCP 3.6.6 にセキュリティ上の弱点が見つかり、WinSCP 3.6.7 が公開されま
  した・・・と思っていたら、いつのまにか WinSCP 3.6.8 が出てました(^^;;

 ◆ WinSCP(日本語のホームページ):
  http://www.tab2.jp/~winscp/


● PuTTY 0.55 と日本語化パッチ

   PuTTY 0.54 にセキュリティ上の弱点が見つかり、PuTTY 0.55 が公開されたのと
  同時に、PuTTY 0.55 の日本語化パッチも出てます(^^)。

 ◆ PuTTY:
  http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/

 ◆ PuTTY で ISO 2022 による日本語入力・表示を可能にするパッチ:
  http://hp.vector.co.jp/authors/VA024651/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑メール退治の切り札? ベイジアンフィルタ

 最近、迷惑メールが多くて、何とかしたいな~、と思っていたら、つい先日、@nifty
迷惑メールフォルダ というサービスがあるのを発見しました。


 迷惑メールフォルダ というのは、
  ● @nifty があらかじめ定めた基準と、学習して成長する「学習型フィルタ」を
   使って、迷惑メールを判別し、「迷惑メールフォルダ」に移動させ、
  ● メールソフトからは、「迷惑メールフォルダ」の中にあるメールを読めなく
   する(※)
 ことで、迷惑メールを見ずに済む、という仕組みです。

 (※:@nifty に直接ログインしたり、設定を変更することで、「迷惑メールフォル
    ダ」内のメールを読むこともできます。)


 迷惑メールフォルダ の機能の1つとして、@nifty では「学習型フィルタ」
と呼んでいる機能がありますが、実はこれ、ちまたで ベイジアンフィルタ と呼ばれ
ている、迷惑メール対策の切り札(^^;なのです。


 この、ベイジアンフィルタ(bayesian filter)というのは、ベイズ(bayes)さんの
考えた理論(ベイズ理論)をもとにした、迷惑メールを振り分ける仕掛け(フィルタ
(filter))という意味ですが・・・

 このベイズ理論というのが、入り口はシンプルなのですが、奥が深くて、私が理解
できる範囲を超えてます(^^;;;


 もっとも、ベイジアンフィルタ は、ベイズ理論の中でも、感覚的に分かりやすい
ベイズ推定 という考え方を使っているだけのようですが・・・

 ※ ベイズ推定 とは・・・
  料理でも、日曜大工でも、とりあえず、まずやってみて、ダメだったところは
  次で直して・・・を続けていけば、最後はプロ級の腕になるでしょ、という考え方
  (え? 説明になってない?(^-^;


 ところで、実際のところ、迷惑メールフォルダ は、どの程度、役に立つの?、と
いうことですが、私の所に来たメールの場合には、次のような結果になってます。

迷惑メールフォルダの効果
 運用期間  約2週間半 
 全メール数  105通 
 うち、迷惑メール数   96通 
 迷惑メール検出数   89通 
 迷惑メール検出率   93% 
 迷惑メール誤検出数   0通 
 迷惑メール誤検出率   0% 


 ひとめ見て、迷惑メールの数が多いことが分かると思いますが(受け取ったメール
の 90% 以上(96/105通)が迷惑メール(-_-;;)、「迷惑メールフォルダ」を使うことで、
9割以上の迷惑メールを見ずに済んだ、ということで、たいへん役に立つといえるで
しょう。


 なお、私のところでは、メールソフトの機能を使って、「迷惑メールフォルダ」以外
にも迷惑メールのフィルタリングを行っていますが、両方を合わせて使うことで、97%
の迷惑メールを遮断することに成功しています(^^)v



 おまけ:メールソフト EdMax (フリー版) を使った、迷惑メールフィルタ

 ◆ EdMax:http://www.edcom.jp/


 最近、「To:」フィールドに、でたらめな名前を入れて送られてくる迷惑メールが
多くなっていますが、これを逆手にとって、迷惑メールフィルタを作ってみました。


 最近の迷惑メールの特徴:メールアドレスは正しいけど、ニックネームがでたらめ。
    例:「To: "Srkl Wartv" <自分のメールアドレス>

 そこで、ニックネームに、ローマ字にない「つづり」が含まれているメールを、
メールソフト側で無視する(読み込まない)ようにします。


 具体的には、EdMax のアカウント設定→フィルタ から、
 「To:.*[bcdfghjklmpqrstvwxyz][bcdfgjlmqrvxz].*自分のメールアドレス
 (正規表現)にマッチするメールを、読み込まないように設定します。

(自分のメールアドレスの部分を省略すると、メールマガジンなどが読めなくなって
 しまうことがあるので、注意。)


 ちなみに、ニックネームに、自分の名前に使われていないアルファベットが入った
メールを無視する ようなフィルタを設定すると、さらに効果が上がるかもしれません

(私の場合、名前の murasaki に使われているアルファベットと、dear, san を付けて
 くれる人がいるかもしれない(^^;ことを考慮して、
 「To:.*[bcfghjlopqtvwxyz].*自分のメールアドレス」(正規表現)にマッチする
 メールを読み込まないようにすれば、いいはず(^^;;。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2009年6月 »